薄毛 原因 薄毛 対策 薄毛 治療法 薄毛 症状 薄毛 予防

薄毛の症状

4人に1人の日本人が、薄毛に悩んでいると言われています。


髪の毛は抜けてすぐに生えかわり、常に一定の髪の毛の量を保ち続けるのが通常です。


そして普通は、再度生えかわった髪の毛も、太さや柔軟性が以前と同じものが生えてきます。


薄毛の症状は、このヘアサイクルが正常に行われている時は出ません。


薄毛となってしまうのは、髪の毛の生えかわりが止まったり、再度生えてくる髪の毛が細くなってしまうことにより、髪の毛の総量が減ってしまうからです。


薄毛を自覚して、意識が頭のことに集中してしまうと、髪の毛に対して神経質になり、ストレスの元ともなってしまいます。


薄毛の治療を行う場合は、最初に原因の特定から行なうのが有効です。

[スポンサーリンク]


薄毛と男性ホルモンの関係

薄毛・・・それは男性を悩ませます。薄毛になるとファッションも楽しめなくなってしまいますし、何より人目がかなり気になってきます。


「どうして薄毛になっちゃうんですか?」


多くの男性を悩ませる薄毛の原因についてご紹介します。


●薄毛と男性ホルモン

薄毛の主な原因は男性ホルモンです。この男性ホルモンによる薄毛を「男性型脱毛症(AGA)」と言います。


薄毛に悩む男性の多くはこのAGAです。生え際や頭頂部からじわじわと薄くなっていくのが特徴です。


AGAは男性ホルモンだけでなく遺伝やストレスなどの生活環境が深く関わっていると言われていますが、詳しいことはまだ解明されていません。


●ジヒドロテストステロン(DHT)とは?

男性ホルモンの中で薄毛を引き起こす原因とされているのがジヒドロテストステロン(DHT)です。


DHTは男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという酵素により変換されてできます。


DHTは頭皮から過剰な皮脂を分泌させるはたらきがあり、これにより毛穴が塞がってしまい髪の毛が十分に育たなくなってしまいます。


「最近髪が油っぽい」という人は、DHTが増えてきているかもしれないので注意が必要です。


●DHTを抑える成分

薄毛の悩みを解消するには、DHTを抑えることが大切です。

「でも、どうしたらいいのですか?」

じつは、DHTを抑えることのできる成分があります。

・フィナステリド
→抗アンドロゲン薬のひとつです。
 アメリカ食品医薬品局にAGAの治療薬として認定されています。


・デュタステリド
→フィナステリドよりも薄毛に効果的な治療薬です。


・ノコギリヤシ
→薬草でソーパルメットとも言われています。

 天然成分で副作用がなく体に優しいので薄毛対策の成分として今
 とても人気を集めています。


「男だから薄毛になるのは仕方ないのか…」と落ち込んでしまうのもわかりますが、男性ホルモンを抑制できる育毛剤は数多くあります。


諦める前に試してみてはいかがでしょうか?

コツコツと対策を続けていくことでフサフサな髪が手に入るはずです。



薄毛の原因

薄毛になる原因というのは分かっていない部分が多く、また個人ごとの薄毛の症状によって、原因は千差万別です。


薄毛の原因と考えられているものには、次のようなものがあります。


・偏食や飲み過ぎ、食べ過ぎ

偏食による部分的な栄養不足や、飲みすぎ食べ過ぎによる内臓器官の酷使などにより、薄毛が発生することがあります。食が欧米化してきている昨今では、この原因による薄毛が増えてきています。


・ストレス

ストレスによる自律神経失調などにより、ヘアサイクルが乱れ、頭皮の血行が悪くなると、薄毛になります。偏食などと同様に、ストレス社会と呼ばれる昨今の日本では、この原因による薄毛が増えています。


・遺伝

昔からよく知られているのは、この遺伝による薄毛です。実際、薄毛になりやすい体質というのはある程度受け継いでしまう傾向があり、親が薄毛だと子供も薄毛になる傾向があります。


・整髪料やシャンプー、各種汚れ

皮脂やほこりによる汚れ、シャンプーや整髪料が頭皮に残留したものが、薄毛の原因となることがあります。


自分では洗い流せたと思っていても、実際は頭皮に汚れが残留して毛穴を詰まらせているということはよくあることです。


このほか、喫煙やダイエットによる薄毛というものも存在します。


薄毛になった際には、まずこれらの原因が無いかチェックしてみましょう。

[スポンサーリンク]

女性の薄毛の原因

薄毛に悩む割合で言えば、比較的男性の方が薄毛に悩む方は多い傾向にあります。


皮脂量の多さや、男性ホルモンや女性ホルモンの分泌量の違いから、男性と女性とでは薄毛に悩む人口に差が出来ているのです。


よって、女性は比較的薄毛になりにくいとされていますが、もちろん薄毛に悩んでいるという女性は存在しています。


・女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因とされるものには、男性と同様に、偏食や飲み過ぎ、タバコやダイエット、ストレスといったものがあります。


また、女性の場合は生理の時にホルモンバランスが崩れ気味になりますが、この時に偏食やストレスなどの原因が存在している際には、ホルモンバランスが完全に崩れて薄毛になることもあります。


男性の薄毛と同様に、原因の解明と解決はなかなか難しいので、できれば医療機関での対処が望まれます。


・ダイエットによる薄毛が多い

女性の場合、無理なダイエットにより薄毛になるという方の割合が、男性よりも多い傾向にあります。


特に、食事制限によるダイエットを行う女性はいまだに多く、薄毛の原因とされることが少なくありません。


無理に痩せようとすると、自律神経が大きく狂ってしまいます。すると、頭皮の血行が悪くなり、髪の毛に栄養が行き渡りにくくなります。


また、皮脂の分泌量の変化や、頭皮の硬質化により、髪の毛がどんどん育ちにくくなってしまいます。


これにより、髪の毛が生え変わりにくく、育ちにくいという環境が揃ってしまい、薄毛となってしまいます。


無理なダイエットは、薄毛のほかに肌質の劣化なども引き起こすので、美意識からダイエットをするなら、運動中心のダイエットが望ましいです。



薄毛になりやすい髪型

薄毛になりやすい体質や生活習慣というのはよく知られていますが、薄毛になりやすい髪形というのも存在しています。


薄毛を進行するとされている髪形には、以下のものがあります。


・パーマ

髪の毛にパーマをかけると、髪に過剰な負担がもたらされます。髪質が悪くなるだけと思っている方も多いですが、パーマ自体が薄毛の原因となることもあります。


また、きついパーマをかけた際には、洗髪時に洗いにくく、洗い流しにくいので、このことからもパーマによる薄毛が示唆されています。


・染色や脱色

髪の色を染めたり、ブリーチで脱色した際には、髪の毛にも頭皮にも大きな負担がかかります。特にヘアマニキュアの洗い残しやブリーチによる脱色は、薄毛の直接的な原因となっていることがあります。


髪色を自然な状態から人為的に変化させるということは、それだけ髪に負担を強いるということになるようです。


・整髪料

整髪スプレーやポマード、ワックスといった整髪剤を使いすぎると、薄毛になりやすいと言われています。


整髪時に髪の毛を弄り回したり、オールバックなどの髪の毛に負担をかける髪形にした際には、髪への影響も大きくなります。


また、整髪料の洗い残しも、髪質や頭皮にダメージを与える原因として知られています。


・長髪

あまり知られていない薄毛を引き起こしやすい髪形の一つに、長髪があります。


特にパーマをかけるわけでも、整髪料も使わないといった場合でも、長髪の場合は髪の毛の自重自体が重いので、頭皮と毛穴に負担をかけてしまっています。


特に毛根周辺への負担が大きいので、髪の成長に深くかかわっていることがあります。

薄毛予防【抜け毛の原因の一つストレスを解消する】

朝起きたら枕に大量の髪の毛が!下手なホラーよりも怖いですね…。


こんなことになったらショックな上に「もしかしたらこのまま髪の毛がなくなるんじゃ…」という不安で頭の中がいっぱいになってしまいます。


抜け毛の原因って一体なんなのでしょうか?


●抜け毛の原因って?

抜け毛の原因はストレスです。ストレスを受けると交感神経のはたらきが活発になります。


交感神経のはたらきが活発になると毛細血管が収縮してしまいます。そうすると頭皮まで血液が上手く巡らなくなり、抜け毛が増えます。


なのでストレスはなるべく溜め込まない方が良いのですが、会社や学校、家族、友達、普通に暮らしていたら多かれ少なかれストレスは必ず受けます。


ストレスを受けないようにするのは無理なので受けたストレスをきちんと発散することが大切です。


ストレス発散方法には、

・カラオケをする

・スポーツをする

・お香を炊く

・インターネットをする

・音楽を聴く


など色々ありますので、自分が楽しめることをすると良いでしょう。


発散しても発散してもストレスがどんどん溜まっていく場合は環境を変える必要があります。


そのまま我慢していたら抜け毛が増加するだけでなく心の病気を発症してしまう恐れもあります。


ストレスが溜まりすぎて思うように発散できない場合はカウンセリングを受けるのも手ですよ。


なるべくストレスを体に残さないように工夫することで髪だけでなく心と体を健康な状態に保つことができます。

薄毛予防【正しいドライヤーのかけ方】

薄毛予防のためにはシャンプーだけでなくドライヤーのかけ方にも注意しなければいけません。


「ドライヤーのかけ方なんて適当でいいんじゃない?」と思っている方のために今回は薄毛予防のための正しいドライヤーのかけ方をご紹介します!


●正しいドライヤーのかけ方

「ドライヤーをすると髪が痛むから」とお風呂に入った後にドライヤーを使うのを嫌う方もいますがこれは間違いです。


髪を濡れたまま放っておくとキューティクルがはがれて髪がダメージを受けてしまいます。


またそれだけでなく、頭部が冷えることで血行が悪くなり、栄養が髪にまで行き渡らなくなってしまいます。


栄養が不足すると丈夫な髪の毛をつくることができず、どんどん髪の毛が抜けていってしまいます。乾かさずに放置しておく方が頭皮や髪には良くないのです。


「そうは言っても、ドライヤーを使ってもやっぱり髪は痛むでしょ?」


確かにドライヤーを使うと頭皮や髪にダメージを与えてしまいますが、正しくドライヤーをかければそのダメージを減らすことができます。


「正しいドライヤーのかけ方って?」


まずドライヤーをかける前に髪の毛の水分をタオルで拭きとっておきます。タオルでゴシゴシ擦ると摩擦で髪が痛んでしまうのでタオルで挟み込むようにして拭きとると良いでしょう。


十分に水分をとることができたらドライヤーをかけます。ドライヤーをかけるときは設定温度を低くして、10~15㎝くらい髪から離しましょう。


ドライヤーは一箇所に集中的にかけるのではなく、こまめにかける箇所をずらしてください。「ちょっとまだ湿ってるかな」と感じるくらいのところでドライヤーをかけるのをやめましょう。


「どうして完全に乾く前にやめるの?」


ドライヤーで髪を完全に乾かしてしまうと頭皮がカサカサに乾燥してしまいます。少し水分がある方が頭皮が潤います。


ドライヤーのかけ方だけで簡単に薄毛予防をすることができます。あまり気にしたことがなかった、という方もこれを機に正しいドライヤーのかけ方を意識してみてはいかがでしょうか?

薄毛予防【適度な運動】

ストレスを溜め込みすぎると薄毛になる。というのは結構聞きます。でも、運動不足だと薄毛になるっていうのは聞いた事ありませんよね?


「運動することと薄毛って全然、関係ないような気がするんだけど…」

確かに、そうですね。


筋肉と髪の毛。何の繋がりもありません。


運動不足だと薄毛になる、というのは本当なのでしょうか?


●どうして髪の毛は生えるの?

運動不足と薄毛の関係を知る前にまず髪の毛の生える仕組みを知っておきましょう。


1:毛根の真ん中辺りにある毛乳頭が毛細血管の血中から栄養分を吸収する

2:吸収した栄養分を毛母細胞に送る

3:毛乳頭から栄養分を受け取った毛母細胞は活性化する

4:活性化した毛母細胞が分裂と増殖を繰り返す

このような流れで髪の毛は生えてきます。


この流れのどこかで問題が起きたりしてしまうと髪の毛が生えてこなくなるばかりか抜け毛が増え、薄毛になってしまいます。


●血行不良が薄毛を招く!

筋肉の収縮は血液を体中に巡らせるのにとても大事な働きです。しかし、運動をしないと筋肉が固まって血管を圧迫してしまいます。


「それがどうしたの?」と首を捻っているあなた!


これ、すごく深刻な問題なんですよ。


髪の毛をつくる働きをもっている毛母細胞の栄養分は血中から吸収されるので、血行不良になると十分な栄養が行き届かなくなってしまいます。


栄養がなければ髪の毛を作ることはできません。


運動不足と薄毛。まったく関係ないように見えてこんなところで繋がっていたんですね。


家でゴロゴロは薄毛のもと。日頃から運動するように心がけましょう。


かといっていきなりジムに行って激しい運動をする必要はありませんよ。


辛くて三日坊主になるのでは意味がありませんから、自分のできる範囲で毎日続けられるようなことをするといでしょう。


適度な運動で血行を良くして薄毛を防ぎましょう!

薄毛予防【食生活の改善】

薄毛は男性の問題だと思ってはいませんか?


「私は女だから薄毛になんてならない」


それは大きな間違いです。


現在薄毛に悩んでいる女性は600万人いると言われています。10人に1人の割合ですね。


「そんなに!?」


そう、薄毛はもはや男性だけの問題ではありません。


●女性の薄毛の原因

近年増加する薄毛に悩む女性。その原因とは一体なんなのでしょうか?


女性の薄毛の原因をわかりやすくまとめてみました!


・食生活

お肉やケーキが大好きな人は気をつけないと薄毛になってしまうかもしれません。

なぜなら、髪の毛は毛細血管が運んでくる栄養素を吸収して伸びていくのですが、お肉やケーキなどの高カロリー・高脂肪の食事ばかりを摂っているとコレルテロールや中性脂肪が増殖して栄養素を運ぶ毛細血管を詰まらせてしまうのです。


十分な栄養素がいかなくなった髪の毛は成長することができず、どんどん少なくなっていってしまいます。


好きな物を好きなだけ食べる。この食生活は薄毛になるリスクがとっても高いです。


「それじゃあ何を食べればいいの?」


それは、たんぱく質です。


たんぱく質は三大栄養素の一つであり、エネルギー源となる大切なものです。


髪の毛もこのたんぱく質でできているのでたんぱく質をきちんと摂れば薄毛予防をすることができます。


たんぱく質は魚介類や乳製品、卵類、肉類などに豊富に含まれています。


卵類や肉類はカロリーが高いので食べ過ぎると頭髪の毛細血管を詰まらせるだけでなく、血液がドロドロになってしまいますので、たんぱく質を摂るなら乳製品がオススメです。


さらに、たんぱく質だけでなくビタミンAやビタミンC、ビタミンEも摂ると血液の流れが良くなり、栄養素がきちんと髪の毛に届くようになります。


「髪の毛が少なくなってきた…」そう思ったらまずは食生活を見直してみましょう。


お肉を魚に変えてみたり、お菓子の量を減らしたり・・・それだけでも薄毛には効果がありますよ。


これってもしかして薄毛?薄毛Q&A

「これってもしかして薄毛なんじゃ…」と思っても薄毛のことなんて周りの人にはなかなか相談できないですよね。


そんなあなたのために今回は薄毛のQ&Aをまとめてみました!


●薄毛のQ&A

Q.1日髪の毛が50~100本くらい抜けるんですけど、これは薄毛ですか?

A.1日に50~100本抜けるのは正常ですので「薄毛なんじゃないか…」と過度に心配する必要はありません。


Q.抜けた髪の毛の根本の部分に皮脂がついているんですが何かの病気でしょうか?

A.脂漏性脱毛症かもしれません。病院へ行って検査を受けてみてください。


Q.女性でも薄毛になることはありますか?

A.薄毛の主な原因は男性ホルモンによるものなので、薄毛は男性の問題と考えがちですが最近ではストレスによる女性の薄毛が増加しています。


「女だから薄毛なんて関係ない」と考えるのでは危険ですよ。


Q.薄毛を予防するにはどうしたらいいですか?

A.きちんと毎日洗髪をしましょう。シャンプーをするときはゴシゴシ強くこするのではなく優しく頭皮をマッサージするように洗ってください。そうすることで頭皮がキレイになるだけでなく、血行も良くなります。


Q.薄毛に効果的な食事ってありますか?

A.ビタミンやミネラルなどの栄養素をきちんと摂れる食事を心がけるようにすると良いですよ。




「薄毛かもしれない」と気にし過ぎるとストレスが溜まってさらに薄毛が進行してしまいます。


一人で悩まずに、インターネットなどでこのようなQ&Aを調べてみてください。同じように悩む仲間がいることがわかれば安心できますし、薄毛予防や克服には何をすればいいなどを知ることができますよ。


シャンプーの基礎知識【頭皮マッサージの方法】

《 頭皮マッサージの効果 》

頭皮マッサージには、頭皮の血行をよくし、発育力を促進させる効果があります。


頭皮の血行が悪いと毛根が血中から十分な栄養を吸収できなくなるため、栄養不足になり薄毛の原因となります。


血行が促進すると頭皮が柔らかくなり、育毛剤の浸透率もアップするので、薄毛対策にはぜひ頭皮マッサージをおすすめします。


《 頭皮マッサージ方法 》

頭皮マッサージの方法は覚えてしまえば実に簡単で、今日からでも始めることができます。


頭皮マッサージは、入浴により血行が良くなった洗髪時に行うのが最も有効ですが、洗髪後でも効果はあります。


シャンー液を頭皮につけたら、両手の指に腹を使って頭皮をつかみ、上方に引っ張るような感じでマッサージしていきます。


毛穴の奥から汚れをもみだすイメージで行うとやりやすくなります。この際、爪を立てないのがポイントです。


マッサージの手に力が入るあまり、爪を爪を立ててしまうことが多いので、初心者のうちはマッサージの強弱より、まず爪を立てないことに集中すると良いでしょう。


《 頭皮マッサージに有効な製品 》

洗髪中の頭皮マッサージの際は、育毛用シャンプーを使用するのがおすすめです。


育毛シャンプーは頭皮ケアに重点を置いたものが多いので、頭皮マッサージの効果をより高めてくれます。


また、洗髪後に頭皮マッサージをする場合は、ホホバ油やオリーブ油などのマッサージオイルを使用すると、頭皮にうるおいを与えることができます。


育毛剤に関しても同様で、頭皮マッサージと併用するとよりよく頭皮に浸透するようになり、薄毛改善の効果アップが期待できます。


さらに、現在は『モミダッシュ』のような頭皮専用のブラシが販売されており、洗髪はもちろん頭皮マッサージもより効果的に、しかも自動で行ってくれるので、毎日のマッサージが面倒だという人には打ってつけの商品となっています。


頭皮マッサージは単体でも効果がありますが、相性のいい製品と併用することでさらに高い効果を得ることができるため、自分に合った組み合わせを試してみると良いでしょう。


女性の薄毛【かつら・ウィッグの選び方】

《 かつら・ウィックの選び方 》

かつらやウィッグは、薄毛の進行具合やかつら装着への抵抗感・見た目・価格など、いろいろな要素を考慮して選択します。

以下では、それぞれのシーンに合わせたかつら・ウィッグの選び方を紹介します。


《 薄毛の進行具合 》

薄毛の進行具合によって、かつら・ウィッグの形状が異なります。


頭部全体が薄くなっている場合、頭部全体を覆うフルウィッグ(全かつら)、局所的な薄毛の場合は、ヘアピース(部分かつら)を選択します。


フルウィッグは、薄毛を一気にカバーできることと、残った自毛との違和感を心配する必要がないのがメリットですが、頭皮が蒸れやすいこと、装着するのに多少抵抗感があることがネックです。


一方、ヘアピースは装着も手軽で、フルウィッグより抵抗感が少ないことが特徴ですが、将来、薄毛が進行したり髪質が変わったりした場合、その都度対応していかなければなりません。


《 見た目のよさ 》

かつら・ウィッグを選ぶ際、装着した時に不自然でないかどうかがひとつのポイントとなります。


見た目のよさは、使用素材によって大きく左右されます。素材には人毛を使ったものと、化学繊維などの人工毛をつかったものがありますが、最近ではこの二つをミックスしたものも作られています。


【人毛タイプ】

人毛は最も見た目が自然なため、外見で選ぶなら人毛タイプがおすすめです。ただし、人毛であるがゆえに価格はずば抜けて高価で、さらに手入れに手間がかかるというデメリットがあります。


【人工毛タイプ】

人工毛は最近の技術の発達により、一見してわかるほどの不自然さはなくなりましたが、やはり人毛には及ばない部分があります。


しかし、人毛に比べると強度が高く手入れが簡単な上、価格もリーズナブルになっています。


【ミックスタイプ】

そして最後は、人毛と人工毛を混合したミックスタイプです。部分的に人工毛を取り入れることで、フル人毛のコストの高さがカバーしています。


現在最も普及しているタイプであり、コストは抑えたいけど自然な仕上がりも犠牲にしたくないという使用者の願いに応えたタイプとして人気を集めています。


《 価格 》

価格は使用する毛質や、オーダーメイドか既製品化で異なってきます。毛質の場合は、人毛が最も高く、次いでミックスタイプ、人工毛の順となっています。


安さで選ぶなら人工毛ですが、仕上がりなどの総合点から見るとミックスタイプが最も人気が高くなっています。


また、かつらは一からすべて自分に合わせて作ってもらうフルオーダーと、既製品をベースに毛質や色を自分で決めるセミオーダー、既に作られた状態で販売されている既製品の3つがあります。


値段で言えば、フル>セミ>既製品の順となっていますが、既製品の安価はともかく、販売店によってフルオーダーとセミオーダーでそれほど大差のないところもあります。


いずれにせよ、価格だけで決めると安物買いの銭失いになるので、自分がどの点を重視したいのかをはっきりさせ、他の要素とのバランスを調節しながら選ぶと良いでしょう。


育毛剤【M-1発毛・育毛ミスト】

《 M‐1発毛・育毛ミストの人気の秘密 》

M-1発毛・育毛ミストとは、酸素研究40年の歴史を持ち、酸素の分野で世界トップレベルの技術を持つサラヴィオ化粧品が開発した完全無添加の育毛剤。


M-1発育・育毛ミストは、酸素の力で分子レベルのピーリングを行うことで皮膚の健康を促進。かなり速効で抜け毛防止および発毛促進効果で薄毛の悩みを解消。


実際、分子ピーリングを実現できた育毛剤は世界初であり、さらに米国安全性試験において最高基準合格を果たした高い安全性を誇る自信から、M-1発毛・育毛ミストを1ヶ月間使用しても満足できなかった場合、商品代金を金額返金するという良心的なシステムを採用し続けています。


《 M-1発毛・育毛ミストの酸素の力と分子ポーリング 》

M-1発育・育毛ミストに採用されている分子ポーリングとは、分子レベルの特殊な酸素が頭皮内側から働きかけることより、頭皮の持つ本来の力を復活させる効果を持ちます。


従来の育毛剤とは異なり、分子レベルの酸素が毛穴の奥底まで浸透するので、毛穴に詰まった老廃物の除去はもちろん、育毛の生成を司っている毛乳頭まで到達し、発毛力を促進します。


頭皮の外側だけでなく、内側からも発毛を促進し、薄毛を解消できるのは分子ピーリングという驚異の浸透力を持ってはじめて実現する効用なのです。


《 米国最高レベルの安全性 》

M-1発育・育毛ミストは、皮膚一次刺激性・眼粘膜刺激性・急性経口毒性といった様々な米国安全性試験を、最高基準で合格しています。


そのため、香料や防腐剤などの添加物は一切使用せず、100%無添加の品質を誇っている。


その安全性は、M-1発育・育毛ミストによるカイワレ大根実験でも実証されており、他社育毛剤とM-1発育・育毛ミストの原液にそれぞれカイワレ大根を浸したところ、芽すら出ない他社育毛剤に対し、M-1発育・育毛ミストはカイワレ大根が2週間でぐんぐん成長したという結果が出ています。


植物が育たない育毛剤は安全とは言えない。そんなこだわりから生まれたのが100%無添加のM-1発育・育毛ミスト。


治療法:育毛剤【プロペシア】

《 プロペシアとは 》

プロペシアとは、AGA(男性型脱毛症)の最大原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害するフィナステリドを主成分とした抜け毛防止剤。


フィナステリドは1991年に前立腺肥大症の治療薬として開発がはじまりましたが、その後の研究により、AGAの治療に効果があることが判明し、1997年、FDA(アメリカ食品医薬品局)によって正式にAGA治療薬として認定されました。


その高い効果により、世界60ヶ国以上で承認・使用されており、日本でも2005年の厚生労働省の認可を持ってプロペシアの名で販売されるに至りました。


AGAの進行抑制に対しては、使用者の98%に3年間の効果があったと立証された上、日本国内での臨床試験では、抜け毛予防のほかに3年の継続利用で78%の人に増毛効果が見られたという結果が出ています。


《 プロペシアの効果 》

プロペシアがAGA治療に効果がありと言われているゆえんは、主成分フィナステリドがAGAの脱毛因子であるDHTの発症を阻害する働きを持つためです。


DHTは男性ホルモンの一種であり、5α-リダクターゼの作用によりテストステロンが変換して発生したもの。


フィナステリドは5α-リダクターゼの作用を抑制することにより、DHTの生成自体を防ぎ、脱毛因子をもとから遮断します。


フィナステリドは、その単価のみでも高い効果を発揮しますが、同じくFDAにAGA治療薬として認可されている発毛促進剤『ミノキシジル』と併用することにより相乗効果が発揮されることがわかっている。


《 プロペシアの副作用 》

プロペシアに含まれるフィナステリドは、わずかながら副作用のリスクをはらんでいます。


主な副作用としては性関連のものが多く、性欲減退や精子減少などの症状がみられる他、胃部不快感・頭痛といった体調不良を感じる場合もあります。


ただし、全体の5%程度という低確率での発症である上、症状自体も軽微なものがほとんどであることから、用法・用量を守って服用する分には過度の心配は必要ない薬剤となっています。

治療法:育毛剤【フィンペシア】

《 フィンペシアとは 》

フィンペシアとは、脱毛因子の成分を阻害し、薄毛症状のひとつであるAGA(男性型脱毛症)の進行を食い止める抜け毛治療薬。


FDA(アメリカ食品医薬品局)で公式に認可されているフィナステリドを主成分とし、1錠につき1㎎配合されています。


この成分および配合量は、日本で「プロペシア」として販売されているものと同等で、フィンペシアはプロペシアの、いわゆるジェネリック(後発品)医薬品となっている。

そのため、効果はほぼ同じものを得られるにも関わらず、1錠につき250~300円と高価なプロペシアに対し、フィンペシアは1錠100円を切るものがほとんどで、極めて安価に入手することができます。


《 フィンペシアの効果 》

フィンペシアの効果は、プロペシアとほぼ同等と考えて構いません。


双方の主成分であるフィナステリドは、AGAの主原因のひとつであるジヒドロテストステロン(DHT)の生成に関与している5α-リダクターゼの作用を阻害し、抜け毛の原因を遮断します。


フィナステリドの効果は国内外ともに認められており、特に国内の臨床試験では1年・2年・3年と使い続けていくごとに、抜け毛が減るのはもちろん、薄毛の部分に毛髪が増えてきたというデータが報告されています。

その効果は1年で5割近く、3年で8割程度にも上り、画期的なAGA治療薬として世界中の医療機関で使用されている。


《 フィンペシアの副作用 》

プロペシアに副作用のリスクがあるように、同じ成分で構成されているフィンペシアにも副作用が起こり得る可能性があります。


症状もプロペシアと同じで、性欲減退・勃起不全・精子の減少などの症状が見られるほか、頭痛や胃部不快感を訴える場合もあります。


ただし、これら副作用は全体の5%という低発症率であり、症状自体も軽く済むものがほとんどです。


しかし、未成年や女性、特に妊娠はお腹の胎児に影響する場合があるので、服用および素手で触れることは禁じられています。


《 プロペシアとフィンペシア、どちらを選ぶ? 》

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品なので、基本的に成分やその配合量は同じ。そのため、効果もプロペシアと同等のものが期待できますが、フィンペシアはあくまで後発品なので、販売元が異なります。


オリジナルの開発・発売元はアメリカのファイザー社(旧アップジョン社)ですが、フィンペシアはインドのシプラ社となっています。


その違いに不安を抱く人も多少いるようですが、プロペシアとフィンペシアの効果の違いなどに言及している人はおらず、特に副作用もフィンペシアの方が発症率が高いということもありません。


そのため、安価であるフィンペシアを購入し、プロペシア購入の経済負担を軽減する人がたくさんいます。


ただし、医療機関を受診すれば国内でも入手可能なプロペシアに対し、フィンペシアを日本国内で入手しようと思うと、個人輸入代行業者などに頼るしかないため、偽物などをつかまされないためにも、入手場所には十分気を配る必要があります。

参考までに私が5年前から利用している個人輸入代行業者はオオサカ堂というところです。下の画像をクリックすると業者のページに飛びます。

治療法:育毛剤【ロゲイン】

《 ロゲインとは 》

ロゲインとは、発毛促進効果のあるミノキシジルを主成分として外用薬タイプの育毛剤。


薄毛の気になる部分に直接塗布することで、ミノキシジルの作用により頭皮の血管が拡張。血行を促進し、毛根の作用を活性化させて発毛を促します。


ミノキシジルはもとは高血圧の人に対し、血圧降下剤として処方されていたものですが、副作用として発毛の効果があらわれたため、現在はFDA(アメリカ食品衣料品局)によって正式にAGA(男性型脱毛症)の治療薬として認可され、世界中で薄毛の治療に使用される。


《 ロゲインの効果 》

ミノキシジルには血管を拡張させる働きがある。患部に塗ると毛穴から成分が浸透し、血中から栄養分を取り込み、毛母細胞へと栄養を送っている毛乳頭の働きが活発になります。


毛母細胞は受け取った栄養分をエネルギーとして分裂を繰り返し、毛髪を生成するので、毛乳頭の活発化、つまり血行の促進はダイレクトに発毛効果としてあらわれることになります。


《 ロゲインの使用方法 》

ロゲインは外用薬なので、患部に直接塗って使用する。液状なので、スポイトでたらしてもみ込むか、あるいはスプレーキャップを取り付けて患部に吹きかけます。


毛穴が詰まっていると成分が浸透しにくいので、頭皮をきれいに洗った洗髪後に使用すると効果的。


また、ミノキシジルはプロペシアなどに配合されている抜け毛防止成分フィナステリドと併用すると相乗効果を発揮するため、プロペシアを1日1錠服用しつつ、ロゲインを1日1~2回塗布すると、AGA治療に高い効果をもたらします。


《 ロゲインの副作用 》

ミノキシジルの血管拡張作用および血圧降下作用により、まれに顔や全身の発刊や血圧の低下などの症状があらわれることがあります。


ほかにも頭皮の湿疹やかゆみなどが発症することがありますが、いずれも症状は軽く、発症率自体も数%程度となっています。


ただし、血圧の低下に関しては、もとから低血圧の人が使用すると血圧が下がりすぎて危険なので、使用の際は医師に相談するようにしよう。

治療法:育毛剤【ポリピュア】

《 ポリピュア 国際特許成分を配合した人気育毛剤 》

ポリピュアは、『発毛命令をしっかり届ける』という新しい発想のもとに開発された薬用育毛剤。


健康な頭皮では、発毛命令を毛乳頭に届ける情報タンパク質『FGF』が活発に働いています。


対して、薄毛の方はFGFがうまく働かず、毛乳頭が眠ったままの状態になっています。


ポリピュアは発毛命令を届けるFGFを安定化する『長鎖分割ポリリン酸』の作用で、確実に薄毛部分からの発毛を実現します。


《 特許成分『長鎖分割ポリリン酸』の効果 》

毛乳頭を目覚めさせ、発毛へと導く情報タンパク質『FGF』は、寿命が4~5時間と非常に短く、不安定な成分。


ポリピュアは、このFGFを安定化させるため、もともと体内に存在するポリリン酸を改良した『長鎖分割ポリリン』を採用しました。


長鎖分割ポリリン酸は、短命なFGFを安定化し毛乳頭まで搬送。


毛乳頭との親和性を高め、FGFと毛乳頭をしっかり結合させる力を持っている。


長鎖分割ポリリン酸によって届けられたFGFは眠っていた毛乳頭を目覚めさせ、確実な発毛力を引き出します。


長鎖分割ポリリン酸の効果は世界中で認められ、日本をはじめ、アメリカ・ヨーロッパにて特許を取得しています。


《 天然成分配合で発育効果をプラス 》

ポリピュアでは、長鎖分割ポリリン酸のほかに、ニンジン抽出液をはじめとする天然成分を配合。


これら成分が傷んだ頭皮環境を健やかに整えることで、抜け毛を予防。フケやかゆみも防ぎ、健康的な頭皮を作り出すことができる。


ニンジン抽出液
漢方にも使用される成分です。毛髪成長促進と細胞賦活作用があります。

センブリエキス
頭皮の血行促進作用がある天然成分です。毛髪に酸素と栄養分を補給し、丈夫な髪を作り出します。

グリチルリチン酸カジリウム
甘草由来の天然成分です。抗炎症作用と抗アレルギー作用に優れ、頭皮の炎症を鎮めます。

療法:育毛剤【アランテ2 薬用凌駕】

《 アランテ2 薬用凌駕とは 》

アランテ2 薬用凌駕とは、累計販売本数20万本を突破し、国内だけでも5万人強のリピーターをかかえる育毛剤『薬用アランテ』の超強力版。


モニターの96%が発育を実感し、大手インターネットショッピングモールSTMXのランキングにて常に上位につける実績を誇っている。


アランテ2 薬用凌駕では、育毛を生育する毛母細胞にスポットを当て、限界寸前まで毛母細胞を活性化させることより、休んでいた毛根まで目覚めさせる効果を実現しました。


男性だけでなく、女性の薄毛にも効果が高いため、男女問わず高い支持を得ています。


高い効果と人気を誇る薬用アランテをさらに『凌駕』するため、アランテ2薬用凌駕では以下の要素を徹底的に追求しました。


《 貴重な成分を確保 》

アランテ2 薬用凌駕では、特許成分である生薬ヨウ化ニンニクエキスを配合。


アランテ2 薬用凌駕ならではの特許製法で、特殊に抽出されたヨウ化ニンニクエキスは、毛根神経を刺激することで、毛母細胞の活性化を促進する効果がある。


毛母細胞は分裂を繰り返すことによって毛髪を生成している、いわば毛髪の工場のようなもの。


工場を活性化させることで、最も効率よく発毛を促すことができ、薄毛の頭にしっかりした毛髪を形成します。


他にも、抗酸化作用のあるカンゾウエキスや、発育に欠かせない血行促進作用のあるクジンエキスといった育毛効果のある生薬を惜しみなく配合。


本来なら高額になってしまうところを、独自のルートを使うことで手に入りやすい価格にまで抑えています。


《 独自の発毛・育毛技術の共有 》

アランテ2 薬用凌駕は、製造メーカーと製薬会社が技術を提供・共有しあうことで生まれた育毛剤。


それぞれが持つ独自の育毛・発毛技術を提供しあうことで、より高度な技術を生み出すことが可能となったほか、誰にでも使えるリーズナブルさの実現に成功しました。

薄毛と飲酒・喫煙

《 薄毛と飲酒・喫煙の関係 》

過剰な飲酒や喫煙は、健康に害を及ぼす要因としてしばしば取り沙汰されますが、こらが薄毛の原因にもなっているということは意外と知られていない事実です。


もし、原因不明の薄毛に悩まされていたとしたら、日常生活での飲酒や喫煙といった嗜好品が原因である疑いが濃厚です。


《 アルコールの過剰摂取は薄毛の原因に 》

深酒により大量のアルコールが体内に入ると、アルコールを分解するために肝臓がフル活動を開始します。


この際、エネルギーとして消費されるのがシステインやメチオニンといったアミノ酸です。


システインとメチオニンは、髪を構成しているタンパク質を形成する役割を持ち、いわば髪の材料とも言うべき成分です。


ゆえに、この2成分がアルコール分解エネルギーとして肝臓に大量に回されてしますと、毛髪の材料がなくなってしまい髪の形成が行われず、薄毛の原因となってしまいます。


ただし、飲酒はほどよい量を守れば、逆に血行を促進する効果があるため、発育効果に良い結果をもたらしてくれます。


量によって毒にも薬にもなるお酒とは、上手に付き合うのがベストでしょう。


《 喫煙による薄毛進行 》

一方、「百薬の長」と呼ばれるお酒とは異なり、「百害あって一利なし」なのが喫煙です。


タバコに含まれているニコチンは、青酸に匹敵するほどの毒性を持ち、発ガン性のリスクを伴うことで知られていますが、他にも強度の血管収縮作用があります。


血管が収縮すると血流が収縮するため、血行不良になります。毛髪を形成している毛母細胞の司令塔である毛乳頭はに送る栄養を血中から取り込んでいるため、血行が悪くなると毛母細胞が栄養不足になり、やがて毛髪の形成自体がストップしてしまいます。


そのため、育毛剤の中には血管拡張作用のある成分を配合しているものもあるほどで、いかに血行の改善が発毛にとって重要かをうかがい知ることが出来ます。


喫煙している人で薄毛が気になり始めたら、育毛剤を使用する前に、まず禁煙から始めてみてはいかがでしょうか。

薄毛と睡眠不足

《 薄毛と睡眠不足の関係 》

薄毛の原因のひとつに睡眠不足があります。


睡眠不足が肌によくないという話はよく耳にすると思いますが、髪にも悪いという事実はあまり認識されていません。


髪は肌と同様、ケラチンというタンパク質で構成されているため、その性質はとても似通っています。


そのため、肌にいいのは髪にも良く、逆に肌に悪いものは髪にも悪いのです。


《 成長ホルモンが髪を育てる 》

人間の身体では、毎日髪や肌・爪などが作られていますが、これらの形成に深く関わっているのが成長ホルモンです。


成長ホルモンは、三大栄養素と言われる炭水化物・タンパク質・脂質の代謝を促進させる作用を持つ他、アミノ酸の吸収率を上げ、タンパク質の合成を促す作用があります。


そのため、大部分がタンパク質で構成されている毛髪は成長ホルモンの作用を受けやすく、成長ホルモンが分泌されればされるほど、毛髪は丈夫で健康な髪に成長し、薄毛になりにくい環境を作り上げます。


《 成長ホルモンは睡眠時に多量に分泌される 》

ここで、睡眠の話に戻りましょう。成長ホルモンは絶えず分泌されているものではなく、分泌されるタイミングというものがあります。


運動後などもその対象になりますが、多くは睡眠中に分泌されます。


そのため、睡眠不足になりと成長ホルモンの分泌が減少し、毛髪の形成に必要なタンパク質の合成が十分に行われなくなることから、薄毛の原因となってしいます。


《 成長ホルモン分泌タイミングを逃がさない 》

成長ホルモンは睡眠時に主に分泌されると述べましたが、さらに分泌量が上昇する時間帯というものが存在します。


それは、午後10時~午前2時の間です。この4時間の間に上質な睡眠を取ると、成長ホルモンが最大限に分泌されます。


子供はともかく、大人には午後10時就寝というのはなかなか難しいことですが、普段睡眠不足で最近薄毛が気になりだした人は、これを機会にタイミングを見定めて睡眠を取るよう心がけてみることをおススメします。

脱毛症の種類【男性型脱毛症(AGA)】

《 AGA(男性型脱毛症)の原因と治療法 》

AGAとは、男性の薄毛の原因の大半を占める脱毛症です。


主な症状としては、頭頂部の中心に薄毛になっていくタイプと、生え際が後退していくタイプの2種類にわかれます。


AGAに関しては未だ解明されていない点も多いのですが、リスクのひとつに男性ホルモンの作用が確認されており、現在AGA治療には男性ホルモン生成を抑制する成分を配合したものが数多く流通しています。


《 AGAの原因 》

薄毛の原因AGAは、遺伝や生活習慣など様々な要因が複雑に絡み合っていると考えられていますが、多くは未だに立証されずにいます。


そんな中、唯一リスクとして判明しているのが男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』です。


血中にて、このDHT濃度が高ければ高いほど、AGAが進行します。


DHTは、皮膚や前立腺に存在する5α-リダクターゼという酵素が、男性ホルモンの一種であるテストステロンを変換させることによって発生します。


《 AGAの治療法 》

AGAによる薄毛の治療には、主に薬剤療法が用いられます。


薬剤は、5α-リダクターゼを阻害するタイプと、血行を改善して発毛を促進するタイプの2種類があります。


これらは脱毛防止剤、または発毛促進剤として使用され、それぞれの効能からAGAの治療に当たります。


主な有効成分は以下の通りです。


フィナステリド
5α-リダクターゼⅠ型を阻害する働きがあります。育毛剤『プロペシア』や『フィンペシア』に含まれます。

デュタステリド
5α-リダクターゼのⅠ型Ⅱ型両方に作用し、その働きを阻害します。そのため、フィナステリドより高い効果が期待できます。育毛剤『アボダート』の主成分です。

ミノキシジル
血管拡張剤の一種です。血行を良くする効能があり、毛根の働きを活性化させて発毛を促進します。外用タイプでは『ロゲイン 』や『ザンドロックス』、内服タイプでは『ミノキシジルタブレッド』などがあります。

脱毛症の種類【女子男性型脱毛症(FAGA)】

《 女子男性型脱毛症とは 》

女子男性型脱毛症とは、薄毛の原因である男性型脱毛症(AGA)の女性版です。


AGAは男性ホルモンに起因する脱毛症であるため、患者の大半は男性ですが、男性ホルモンは少量ながら女性の体内にも存在するため、女性にもAGAは発生します。


ただ、男子と女性とでは症状が異なるため、AGAと区別するために女子男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。


《 AGAとの違い 》

AGAと女子男性型脱毛症の違いは、その症状の現れ方にあります。


AGAの典型的タイプは、頭頂部から薄毛になるタイプと、生え際が後退して薄げになるタイプの2種類があります。


一方、女子男性型脱毛症は、局所的な薄毛ではなく、全体的に毛髪が細くなったり抜けたりします。


生え際のラインは変わりませんが、髪にボリュームがなくなり、薄毛の部分から地肌が透けて見えたりするのが特徴です。


この症状から、一面に広がるという意味を持つ『びまん』という言葉を用いて、『びまん性脱毛症』と呼ばれる場合もあります。


《 女子男性型脱毛症の原因 》

女子男性型脱毛症の原因は、AGAと同様、男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』にあります。


通常、女性の体内では女性ホルモンが優位に立っているため、DHTのような男性ホルモンを原因とした薄毛にはならないはずですが、年齢がかさむにつれて女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位に立つと、女子男性型脱毛症になってしまいます。


ただ、AGA同様、男性ホルモンはリスクのうちの1つに過ぎず、特に女性の場合、上記の条件に当てはまらない若い世代にも女子男性型脱毛症患者が増えていることから、男性ホルモン以外のリスクが強く働いている可能性が大です。


考えられる要因としては、自律神経の乱れやストレスの他、女性特有の出産などが代表的なものとして挙げられます。


《 女子男性型脱毛症の治療法 》

通常、AGAの治療には男性ホルモン『テストステロン』をDHTに変換してしまう5-αリダクターゼを阻害する効果を持つ薬剤が処方されます。


代表的なところでは、育毛剤『プロペシア』に含まれる『フィナステリド』がありますが、これは成人男性専用の薬であり、女性は服用することが出来ません。


そのため、女子男性型脱毛症の治療は、AGA治療薬として『フィナステリド』と並んでFDA(アメリカ食品医薬品局)に認められている『ミノキシジル』を含有した育毛剤が多く使われています。


ミノキシジルは血管拡張剤の一種で、血行を促進し、毛根の働きを活性化させることから、発毛促進剤としてAGA治療に用いられています。


ミノキシジルを含んだ女性専用の育毛剤には、『ロゲイン女性用』などがあります。

脱毛症の種類【びまん性型脱毛症】

《 びまん性脱毛症とは 》

『びまん』とは『一面に広がる』という意味で、その名のとおり、頭部全体に薄毛の状態が見られる状態をびまん性脱毛症といいます。


女性に見られる薄毛の症状で、毛髪自体が細くなったり、全体的に抜け毛が起こったりすりため、髪がぺたんとつぶれボリュームがなくなります。


びまん性脱毛症は、別名『女子男性型脱毛症』とも呼ばれ、男性型脱毛症(AGA)の女性版とも言われます。


AGAの原因のひとつは男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』と言われ、びまん性脱毛症もDHTを要因としたケースもありますが、AGAの原因のほとんどが
DHTであるのに対し、びまん性脱毛症の場合、原因が多岐に渡っているのが特徴です。


びまん性脱毛症は女性特有の脱毛症であるため、その原因も女性特有のものが多く見られます。


【冷え性】

女性に多い冷え性ですが、これは体内の血液循環が悪くなっていると起こる症状です。薄毛の原因は血行不良に端を発しているものが多くあります。


毛髪を作っている毛母細胞は、毛根にある毛乳頭から栄養をもらって活性化していますが、血行が悪くなると毛乳頭が血中から栄養分を取り込めなくなるため、発毛力が落ちてしまいます。


発毛力が落ちた毛根からは、すぐ抜けてしまうような弱々しい毛しか生えてこなくなり、薄毛の原因になります。


【過激なダイエット】

断食や過度の節食、同じ食材ばかり食べるといった無理なダイエットは栄養不足を起こします。栄養分は身体の各所で使用されますが、栄養分の配分には優先順位があり、直接生命にかかわりのない毛髪は最後に配分されるようになっています。


そのため、栄養不足の被害を最も大きく、そして早く受ける部位であるため、栄養不足は薄毛の原因となるのです。


【パーマやカラーリングの濫用】

パーマやカラーリングを髪に施している女性はとても多いですが、パーマやカラーリングに使用する薬剤は刺激が強く頭皮にかかるとダメージのもととなります。


特に肌が弱くなくても、これら薬剤を短期間に頻繁に使用すると、ダメージガ蓄積されていって炎症などの頭皮トラブルを起こすようになります。


炎症は頭皮だけでなく毛根にも及ぶため、毛髪形勢力に影響を与え抜け毛となる原因となります。


【出産】

出産後、しばらくしてから突然髪がごっそりと抜け出し、薄毛になることがあります。


これは妊娠中の女性ホルモンの働きが、髪の寿命を一時的に延ばしていたことによる脱毛なので、通常は心配いらないものですが、慣れない育児や睡眠不足などの要因が重なると、薄毛の症状が改善しない場合があります。


【軽口避妊薬(ピル)】

ピルを一定期間服用し、その後中止すると一時的に薄毛になるケースがあります。


ピルは擬似的な妊娠を起こすクスリであるため、ピルによる薄毛症状は出産後の脱毛と同じメカニズムであり、こちらもしばらくすれば回復しますが、やはりストレスや食生活の乱れなどが重なると、そのまま薄毛の状態が続いたりします。


《 びまん性脱毛症の治療法 》

DHTが原因と思われるびまん性脱毛症んは、女性用育毛剤の使用などが効果的ですが、その他の場合は日常生活の改善を図ることで改善することができます。


まず規則正しい生活を送るよう心がけ、体調を整えることが大事です。


特に出産後やピル服用による薄毛は本来自然治療するものなので、他の要因が重なれなけれ薄毛の状態が続くことはありません。


また、過度なダイエットやヘアケアは、それぞれのリスクに気付きさえすればすぐにでも改良できるものです。


びんまん性脱毛症の場合、まずは日常生活を見直すことから始め、それでも改善がみられなかった時は育毛剤の使用や医療機関の受診などを検討してみると良いでしょう。

脱毛症の種類【脂漏性脱毛症】

《 脂漏性脱毛症とは 》

脂漏性脱毛症とは、何らかの要因により頭皮から分泌される皮脂の量が過剰になったことで引き起こされる薄毛の症状です。


過剰分泌された皮脂は汚れとなって毛穴に詰まると、頭皮や毛根が炎症を起こし、抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。


最近抜け毛が増えた人で、頭皮が脂っぽい・ベタベタするなどという症状があれば、脂漏性脱毛症の可能性があります。


脂漏性脱毛症は放っておくと薄毛の症状が進行し、ヘアサイクルが乱れて壮年性脱毛症に発展するほか、炎症が悪化し脂漏性皮膚炎を起こしたりします。


《 脂漏性脱毛症の原因 》

脂漏性脱毛症の原因となる皮脂の過剰分泌に関しては、内分泌異常と、過剰なヘアケアが原因となっています。


【内分泌異常】

皮脂の過剰分泌に関して最も有力な説は、男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』の過剰分泌を原因とする説です。


男性型脱毛症(AGA)の原因のひとつとも言われるDHTですが、皮脂腺を刺激する作用も持つと言われ、DHTの過剰分泌により刺激を受けた皮脂腺が巨大化し、多くの皮脂を放出していると考えられています。


【過度のヘアケア】

毛穴の皮脂汚れを除去するには、毎日のシャンプーによるヘアケアが必要です。


しかし、洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、かえって皮脂が過剰に分泌される場合があります。


もともと、皮脂というのは頭部を保護する役割を担う物質で、頭皮にとって必要なことなのです。


そのため、シャンプーで必要な分の皮脂まで除去してしまうと、頭皮は大量に失われた頭皮を補うために、通常より過剰に皮脂を分泌するようになってしまいます。


《 脂漏性脱毛症の治療 》

脂漏性脱毛症を治療するには、もととなっている皮脂汚れを除去し、頭皮を清潔に保つと同時に、皮脂分泌量を正常値に戻す必要があります。


皮脂汚れの除去には、洗浄力が強すぎず頭皮にも刺激を与えないタイプのシャンプーを選んで使用すると効果的です。


特に、育毛用としての頭皮専用シャンプーは、毛穴の汚れを落としつつ必要な量の皮脂は残すという作りになっているものが多いため、薄毛と脂性肌が気になる人は使ってみると良いでしょう。


また、皮脂分泌量のコントロールに関しては、DHTが原因とされてるものには、抜け毛予防に特化した育毛剤の使用が効果的ですが、ストレスや食生活の乱れなどによる要素も内分泌異常に関与しているので、まずは日常生活の改善から取り組み、それでも効果がなければ育毛剤の使用を検討してみるのが得策と言えます。

脱毛症の種類【粃糖性脱毛症】

《 粃糖性脱毛症とは 》

粃糖性脱毛症とは、乾いたフケが毛穴に詰まることで頭皮や毛根が炎症を起こし、発毛力が衰えて薄げになる症状を指します。


同様の症状を持つ脱毛症に脂漏性脱毛症がありますが、脂漏脱毛症は皮脂の過剰分泌が発症原因であるため、古い角質層(フケ)の大量発生が原因の粃糖性脱毛症とは異なります。


《 粃糖性脱毛症の原因は乾燥フケ 》

フケと一言に言っても、その性質により2種類に分類されます。


1つは、脂を含んで湿ったフケで脂性フケと言われます。脂脂フケは皮脂の過剰分泌により頭皮が脂っぽくなっているために発生するフケで、脂漏性皮膚炎にかかっている人によってよく見られます。


もう1つは乾性フケで、その名の通りカサカサに乾いてるフケです。これは、脂性フケとは逆に、皮脂分泌が極端に少ない乾いた頭皮に発生するフケで、粃糖性脱毛症の原因となっているものです。


乾性フケの発症原因は、ストレスや食生活の乱れの他に、洗浄力の強すぎるシャンプーを使ったことで頭皮に必要な皮脂を除去しすぎることによって起こります。


《 粃糖性脱毛症の治療法 》

粃糖性脱毛症の治療法には、ストレスの発散や食生活の改善の他、ヘアケアの見直しが有効です。


粃糖性脱毛症の場合、フケが大量に発症するため、汚れを除去しようとしてさらに念入りにシャンプーしてしまいがちです。


しかし、乾燥している頭皮にさらにシャンプーを重ねて行うと、ますます乾燥が進行し逆効果です。


よって、粃糖性脱毛症が疑われる場合は、シャンプーは低刺激のものを選び、洗髪後はホホバ油などの保湿性の高いオイルを頭皮に塗布し、うるおいを与えます。


頭皮を乾いた状態のまま放置しないことが粃糖性脱毛症を治療する上で最も重要なポイントと言えるでしょう。

脱毛症の種類【分娩後(出産後)脱毛症】

《 分娩後脱毛症とは 》

分娩後脱毛症は、出産後に髪が抜け出し、抜け毛になる症状です。


産後脱毛症とも言います。程度の差はありますが、妊娠・出産を経験した人の大半に発生している脱毛症で、一気に髪が抜け落ちるため不安になる人が多くいます。


しかし、分娩後脱毛症のほとんどは心配のいらない症状であり、自然治療するものとなっています。


《 分娩後脱毛症の原因 》

妊娠中、特に後期は女性の体内においてエストロゲンなどの女性ホルモンが急激に増加します。


女性ホルモンには毛髪の寿命を長くする作用があるため、本来ならすぐに抜け落ちて休止期(毛根が休み、発毛に備える期間)に入っているはずの毛髪が、そのまま成長を続けることがあります。


出産後、女性ホルモンの増加がなくなると、女性ホルモンの作用により延命していた毛髪が突然抜け始め、一時的に薄毛の状態に陥ってしまうのです。


さらに、出産によって乳児に栄養素を持っていかれてしまうことも原因の一端を担っています。


《 分娩後脱毛症の治療法 》

分娩後脱毛症は、女性ホルモン分泌量の落差によって発生するもので、産後2~3ヶ月あたりで症状が見られるようになりますが、この落差が落ち着いてくる産後6ヶ月から徐々に症状が落ち着いてきます。


もともと、抜けるはずだった髪が女性ホルモンによって少々長生きしていたのが、本来の状態に戻っただけなので自然に回復してきます。


ゆえに、分娩後脱毛症の治療法というのは存在しないのが、一時的とは言え薄毛が気になる場合は、バランスのよい食事を摂取し髪に必要な栄養分を意識して取り込むことで早めに回復することがせきます。


《 回復が見られない場合は? 》

分娩後脱毛症はほとんどの場合、産後半年~1年で回復しますが、1年以上経っても抜け毛が減らない・薄毛が治らないという時は、別の要因が絡んでいる可能性があります。


分娩後脱毛症の時期に、慣れない育児によるストレスや睡眠不足などの要因が重なると、そのまま薄毛が改善され薄毛が改善されない場合もあります。


また、高齢の場合は分娩後脱毛症の回復が遅いため、1年以上経っても改善されない場合は医師に相談するか、M-1など無添加育毛剤などの使用を検討してみた方が無難です。



[スポンサーリンク]

共有・ブックマーク









このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP